ツイート

市民
政治かす
なる!

鎌田さゆりの決意表明

鎌田さゆり第一声 全文

ちちをかえせ ははをかえせ

としよりをかえせ

こどもをかえせ

わたしをかえせ わたしにつながる

にんげんをかえせ

にんげんの にんげんのよのあるかぎり

くずれぬへいわを

へいわをかえせ

吉永小百合さんが朗読を続けている、原爆詩のひとつ、峠三吉さんの詩の一節です。

政治家の大きな使命は、国民を戦争に巻き込ませないことです。この国の憲法と平和を守り、国民の命を守る。この信念を、今日この日に、皆様に改めてお誓い申し上げます。

今日のこの公示の日まで、皆様にはご心配をおかけしました。しかし、雨降って地固まるでしょうか。この宮城には、参議院議員桜井充を、仙台市長郡和子を生み出した、市民と野党の共闘の力があります、再びこの宮城2区で、この力をもって、自民党の候補者と一騎打ちで戦うことになりました。

立候補を取り下げていただいた佐藤さんにも野党候補一本化に大きなご決断をいただきました。市民団体の皆さまにも、本当に夜遅くまで議論を重ねて続けていただき、市民と野党の共闘で未来を拓く、そのための力の結集をお決めいただきました。本当にありがとうございます。

みなさん、まだご記憶があろうかと思います。安倍政権の閣僚のおひとりが東日本大震災を経て、この東北、宮城の地域に向かって何と言ったか。「あっちでおきてよかった」と言ったこと、私は絶対に忘れません。国民の命と財産を守る国家権力、為政者が、あの未曾有の大震災、「あっちでおこってよかった」なんて絶対に言ってはいけない言葉です

いまもこの宮城2区、特に若林区宮城野区、復興公営住宅で、病院に行くことを我慢したり、おひとり暮らしのご高齢者の方は孤独死や、新しいコミュニティをどうやって作ったらいいか、子どもたち、学校の先生方は心の復興で本当に悩んでいます。まだまだ復興は道半ばなんです。

私は東北の、そして宮城のひとりとして、その気概を持って、被災地の声を、被災者の皆さんの姿に最後まで寄り添う政治家でありたいと思います。

この地域で多くの子供たちが、心にさまざまな不安を抱えながら毎日暮らしています。この泉では、とても残念なことですが、中学生が自ら命を絶つ、悲しいことがありました。

チルドレン・ファーストを掲げていた民進党。私はそこにまだ籍を残しています。子どもを第一番に考え、これからの日本の未来を切り開くのは子どもです 教育は国のもといであるということを、強く訴えてまいります。

学校の教育現場では、教員のみなさんが多忙化のなかで苦しんでおられます。保護者の皆さんは、ワーキングプア、ひとり親家庭、余裕のない暮らしをされています。大人にゆとりがなければ、子どものことを気遣う余裕や時間も失われてしまいます。教育現場の多忙化に歯止めをかけ、保護者の皆さんの賃金を上げる、雇用の安定をしっかりと進めていきます。 そして、いじめの問題。現場の先生方から、相談できる機関があれば、いじめをいち早く発見できれば、尊い命が失われるようなことを防げたはずです。だからこそ、中立・公正な立場で、常に学校と教育委員会の外に第三者委員会を置き、教育現場の先生たちの声をしっかりと聞き、事実関係を調査することのできる機関を、国が全国に声をかけながら作っていけるように。教育いちばんで訴えます。

いまこの日本、福島県では、あの福島の第一原発の事故の後、まだまだ多くの人が大変な思いをしながら暮らしていることに向き合わなければならない。原発ゼロの社会に向けて、県議の皆さんとともにつちかってきた、未来を、明るい空と美しい空気と水で満たせるように、原発ゼロにむけて進んでいきます。女川原発再稼働も再稼働ありきでは賛成できません。皆さんへの情報公開を徹底すること、住民の皆さんとの合意が絶対の前提です。

少子高齢化が進んでいます。私の母も80を過ぎ、大好きなお酒を少し我慢しながら、身体の調子が悪くとも病院に行くことを我慢しながら、年金生活を送っています。 しかし、来年春から介護報酬は引き下げられる見通しです。年金運用基金を株に投入し、5兆円を超える損失を出しているのに誰も責任を取らない安倍政権。森友加計問題もあいまいなまま。我々国民に伝わってくるのは、黒塗りの情報ばかりです。

不透明で不公正でアンフェアな政治に、私は正面からNOをつきつけていきたいと思います。

この不公正な政治を、そして教育に、社会保障に、医療に、年金の安心に、皆さんの働く現場の安心にお金を使っていけるように、皆さんから、日本の政治、フェアになったんじゃないかと言っていただけるように。フェアな政治にYESの声をいただけるように、この選挙戦、戦い抜いてまいります。 もう私は宮城2区からどこにも行きません。

どうかこの一騎打ちの大変厳しい選挙、走りぬいてまいりますので、皆さん、最後の最後まで鎌田さゆりにご指示ご支援を賜りますように、宮城2区の良識とプライドにかけて、自民党に打ち勝つことができますように、お力をお貸しください。どうぞよろしくお願いします。

第一声に出てくる詩に関して

峠 三吉

底本:「新編 原爆詩集」青木書店
   1995(平成7)年7月7日第1版第1刷発行
入力:広島に文学館を! 市民の会、福田真紀子
校正:LUNA CAT
2004年7月11日作成
2012年3月24日修正
青空文庫作成ファイル: このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

皆様とのお約束

教育は国の「基」

  • 子どもの貧困と孤立への対策
  • 現場の教職員の多忙化に歯止めを
  • 給付型奨学金の拡充
  • いじめ対策と救済策

原発ゼロ社会へ

  • 廃炉技術の確立
  • 自然エネルギーの普及、促進
  • 福島原発事故から海への汚染物垂れ流し阻止

消費増税、今はダメ!

  • アベノミクスは格差を拡大
  • 消費増税は景気の腰折れを招く
  • 暮らしを直撃する増税に反対します

「社会保障」は権利です

  • 社会保障は施しではありません
  • 年金カット法は廃止
  • 介護報酬の引き下げ阻止
  • 保育士の処遇改善

立憲主義をつらぬく!

  • 森友・加計などの隠ぺい追及の手を緩めない
  • 安保法制の徹底検証
  • 特定秘密保護法、安保法制、共謀罪の白紙撤回

富の再分配

  • 最低賃金を大幅アップ
  • ただ働きのサービス残業徹底撲滅
  • 普通の人の収入増が景気の起爆材